チョッパー

野菜WEB用02

原料の前処理に最適

 その名の由来通り、原料を機械に内蔵されている『刃』でチョップ(カット)して細かくするという機械です!!自給飼料の作成では、根菜類やパン、トウモロコシなどを粉砕するのに重宝されています。製粉前の粗粉砕や、廃棄物(食品残渣)の量低減などにもおススメです!

使い方に合わせてタイプを選択

●シャッター式・・・粉砕された物の大きさは、大小さまざま。とにかくなんでも

          細かくしたい、という方におススメ。

 

●スクリーン式・・・大きさを揃えて細かくしたいという方におススメ。

 

シャッター式チョッパー HC-2

カタログ:
 乾いたものから湿ったものまで、粗砕加工できます。 出口シャッターの開閉度調整により、粉砕度を変更することが出来ます。

 

 

 

   

 

 

 

商品スペック
能率 500~800(kg/時)
ホッパー投入口 160mm
胴内径 250mm
寸法 高760×幅320×奥行580(約mm)
重量 約39kg(モーター別)
主要モーター 単相100V 550W、三相200V1.5kW
製造 日本

 

           希望小売価格

モーターなし:234,300円(税込)

単相100V 550W付:308,800円(税込)

三相200V 1.5kW付:308,800円(税込)

 

スクリーン式チョッパー CHA-1

カタログ:スクリーン式チョッパ-

待望のステンレス製登場 SUS-CHA-1

 今回の動画では、保津川こなこな研究所(ひのまる米工房)様よりご提供いただいた
『京都保津産の藍』を粗粉砕しています。
商品スペック
構成ユニット チョッパー本体、集塵ユニット(貯蔵タンク・集塵機)
投入ホッパー 300×300mm
投入口 93mm
寸法 高790×幅344×奥行605(約mm)
重量 約70kg(モータ-付)
主要モーター 三相200V 1.5kW
製造 日本
希望小売価格 1,050,000円(税込)

 

 保津川こなこな研究所様では、京都先端科学大学の「藍茶プロジェクト」と協力し、藍茶を共同研究開発。藍茶の健康作用についての研究の結果、「抗酸化力」が顕著に高く、「解毒・抗炎症・抗菌」の働きがある成分を含むことがわかりました。
 藍の「抗酸化力」は、ブルーベリーの10倍、ブロッコリーの20倍ものパワー!!

加工例

●大豆解砕 ひきわり納豆にも最適!! 

 処理能力:150kg~200kg/時間
 
 
●乾燥もずく (左:原料、右:解砕後)   ●温州ミカン搾り粕 (左:原料、右:解砕後)
     
 

鉄製 CHA-1

カタログ:スクリーン式チョッパー CHA-1

使用用途は多数。原料の粒度制御ができる、前処理の定番機。

 

●蕎麦の茎&葉 (左:原料、右:解砕後)

 

商品スペック
能率 200~250kg/時 (サツマイモ)
投入口 93mm
胴内径 250mm
寸法 高790×幅344×奥行605(約mm)
重量 約38kg(モーター別)
主要モーター 単相100V 750W、三相200V 1.5kW
製造 日本
希望小売価格 750W付:332,900円(税込)、1.5kW付:341,100円(税込)

 

 
 



Copyright(C) 宝田工業株式会社. All Rights Reserved.